Loading

そもそも確定申告って何?

働いて収入を得ると、それに見合った税金を納めます。

20万円を超える収入があった場合に支払う義務が生じ、「仕事にかかった費用を報酬から差し引いて申告する」という手続きを行うことになります。

毎年2月16日~3月15日の間に昨年1月~12月の1年間の儲けを確定申告書にまとめて、税務署に提出する作業が確定申告です。

自分に合った申告方法を選択しよう

人によって仕事内容は様々であり、簿記が得意な人から苦手な人までその環境も様々です。そこで定められているのが・・・

1.経費をおおまかに計算するだけで申告ができる「白色申告」

2.細かい記録が必要だが、控除額が多くなる「青色申告」

まず、青色を申告する人は不動産・事業所・山林所得のある人、それ意外の青色で申告しない人は白色というのが基本です。

青色で申告しようと思う人は一定期間の間に「青色申告承認申請書」を税務署に提出しなければなりません。白色はその必要がありません。

青色では帳簿の方法によって控除額が変わります。家計簿と同じ簡単な方法の単式簿記は、控除額が10万円、少し複雑な複式簿記だと控除額が65万円です。

白色も近年の法改正で、簡単な帳簿付けが義務付けられましたが、手続き上の手間はかかりません。

注意点として、どちらも領収書などは一定期間取っておく必要があります。

自分に合う方法が分からない場合、青色の単式簿記で申告してみるのはどうでしょうか。複式簿記のように大きな控除はありませんが、白色と簿記の簡単さは変わらないのに10万円の控除を狙えます。

帳簿付けが苦手に感じる人は、近年多くみられる、会計事務の効率化の為のソフトを役立ててみるのも良いかもしれませんね。

青色申告とは、複式簿記を用いた正しい記帳に基づく申告で、税金の優遇などの特典が受けられる申告納税制度です。申告には税務署長の承認が必要です。

Top