Loading

内定者フォロー研修とは

どの企業も内定者の流出には神経をつかっています。売り手市場となる新卒者の就職環境において、内定をもらった会社を簡単に辞退する学生が増えているからです。そこで注目されているのが、内定者フォロー研修です。これは会社で働くことの価値観を持ってもらうことを目的としています。学生にとって必要は仕事とは何かを研修によって学べるようにプログラムが組まれているのが特徴です。

学生にとって内定者フォローが必要な理由とは

内定者フォローは決して、会社側の都合のみが目的ではありません。学生にとって必要な仕事とは何かを学んでもらうことも、大切な目的となります。仕事を通して何を得るのか、どのような理念を持って業務に取り組むのかを考えるきっかけを与えることにもつながります。また仕事を始める前に、自分のキャリアについても考える機会となります。

キャリアプランを考える必要性とは

内定者フォロー研修によって、学生は社会人となる前に自身のキャリアプランを考えることになります。これは自主性を持って仕事に取り組むために必要となります。自分の仕事が何につながっているのか、どんなスキルを備えて何に生かせるのかを理解することが必要です。そのような目的意識を持つことで、自主性を持って何をすれば良いのかを考えることができます。そのような考え方を備えるきかっけを与える会社とあれば、学生も自己向上を目指せることが理解できます。その結果、内定辞退も減ることにつながるわけです。そのために多くの企業が内定者フォロー研修に力を入れるようになっていると言えます。

一人一人の能力と適性を考えて、オーダーメイドのカリキュラムを用意するのが、理想の社員教育のスタイルです。

Top