Loading

引っ越し前にしておくとよいこと

引っ越しの荷物が新しい新居に届いて搬入が全て終わったら、ひとまず一安心できます。しかし、片付けをしなければいけないので、まだまだ落ち着けませんよね。引っ越し後は、荷物の片付けだけをある程度進めて置かないと、散らかったままではゆっくりと休めませんし、生活にも支障が出てきます。荷物が多いと1日で全ての段ボールを開けて片付けていくのは困難です。ですから、日常でよく使用する荷物が入っている段ボールから開けていく必要があります。そこで、引っ越し前に、よく使用する布団や衣類、洗面用品や生活用品を段ボールに詰めた後に、マジックでわかりやすく何が入っているかを書いておくとよいです。そうすれば、翌日に会社や学校に来ていかなくてはならないスーツや制服をスムーズに探せます。段ボールに荷物の種類を書いて置けば、業者さんに荷物をどこに置いてほしいかの指示が出しやすくなります。

引っ越し後の片付け、まず一番始めにすること

引っ越し後の片付けは、まず最初に家具の配置をどこにするかを決めて移動を済ませておくとよいです。引っ越し前に、家具を配置するところを考えてメモしておくのもおすすめですよ。メモをしておけば、業者さんに配置してほしいところに家具を置いてもらえます。なぜ、家具の配置を先にしなければいけないのかというと、棚に物を置いたり、タンスに衣類をしまったりしてしまうと、後から家具の移動をしなければいけなくなったときに、持ち運びが大変になります。先に家具を配置してから、荷物を置いたり詰めこんだりする方が効率がよくなります。

不用品の回収とは使わない物やいらなくなってしまった物を引き取ってくれる専門の業者で、回収する費用は無料の場合もあります。

Top