Loading

まずは紙に書き出そう

業務効率アップの為に必須といって良い事が、その日に必達でやる必要のある仕事を把握する事です。つまりその日一日の必達目標をまずは把握するわけです。業務時間はほとんどの人が一日あたり8時間程度ですが、8時間あれば意外と多くの業務がこなせます。その日の一日の目標を紙に書き出し、更に優先順位をつけてみましょう。もちろん優先順位が高い順から仕事に取り組みます。ここでなぜ優先順位をつける必要があるかと言うと、日中誰にも邪魔されずに仕事に取り組める社会人の方は稀ではないでしょうか。つまり、始業時に立てたその日の目標の他にも、当日急に依頼される業務が頻繁にあるからです。突然の依頼も断る事が出来ない場合が多い為、効率的に業務をこなす為には、その都度その日の目標を修正していく必要があるのです。

うっかり忘れを防ぐ秘策

将来的な予定をついついうっかり忘れてしまうことは、業務上誰しもが経験した事があるのではないでしょうか。これは社会人として信用問題にも繋がる場合も多々ありますので、極力避けなければなりません。もちろんうっかり忘れが業務上大きなロスに繋がる事もあります。こういったうっかりを未然に防ぐ為には、どんなに業務が多忙であっても、スマホのスケジュール機能を利用する事がお勧めです。スマホは一日でかなり頻繁に利用しますので、しっかりとスケジュールを打ち込んでおけばうっかりは未然に防ぐ事ができます。更にアラーム機能を使えばピンポイントで時間もずれずに知らせてくれるのでお勧めです。

ワークフローとは、一連の業務の流れを図式化することです。複雑な業務の流れを可視化できるので、作業の進み具合や問題点を把握することができます。

Top